インフルエンザの日本国内死亡者は何人くらいなのか厚生労働省の人口動態統計から調べてみた



引き続き新型コロナウイルスが猛威を奮っており今までの日常とかけ離れた生活になっております。

ゼロコロナではなくウィズコロナ、ニューノーマルの方へ向かっている中、気になっていたことを調べてみました。

それは、インフルエンザの毎年の死亡者数。

なぜかというと、新型コロナウイルス はインフルエンザと同じ、どうして経済を犠牲にして非常事態宣言を行うのか、と発言している人もいるので気になっていました。

仮にインフルエンザと同じだとすると死亡者数なども同程度なのではないかと思ったためです。

本当は感染者数と死亡者数で割合をだしたりしないといけないと思うのですが、今回は直近の死亡者数を調べてみました。

調べ方は厚生労働省が出している人口動態統計から参照しました。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html

2020年は人口動態統計の第6表 死因簡単分類別にみた性別死亡数を参照しました。

2011〜2020年のインフルエンザによる死亡者数は以下の通り。

人数
2020 956
2019 3,575
2018 3,325
2017 2,569
2016 1,463
2015 2,262
2014 1,130
2013 1,514
2012 1,275
2011 574

新型コロナウイルス の死亡者数は厚生労働省のサイトより、2021年9月11日時点で16,690人。

この新型コロナウイルス死亡者数は流行が確認されてからのもので、統計になっているため単位が1年間ではありませんが、インフルエンザより多そうというのはわかりました。

ベトナムのハノイでも日本人でもワクチンが打てる機会ができてきました。

私も申し込みをしてワクチン摂取をしたいと思っております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA