オンライン英会話レアジョブのレッスンを15回受けて感じたこと



オンライン英会話レアジョブのレッスンを15回受けて感じたこと

途中、さぼり気味でしたがオンライン英会話のレアジョブを受けて15回になりました。

今回の記事では以下のことを書きたいと思います。
・私のレアジョブの受講スタイル
・レッスンの流れ
・レアジョブのレッスンを15回受けて感じたこと

私のレアジョブの受講スタイル

今は日常英会話という教材を使ったレッスンを受けています。

予約は仕事終わりに家に帰ってから講師検索をして空いている講師を予約しています。

1時間前くらいでも空いている講師がいるので予約が取れなかったことはないです。

予約をしたら本日受講する教材を音読しながら予習をします。

予習は15~30分くらいです。

予約をしてから予習をする理由は、予習をしてから予約をしようとすると予習が終わらないので時間
制限を設けたいためです。

レッスンを受講したあとは講師に指摘を受けたコメントを見直すくらいです。

レッスンの流れ

私が今受けているのは日常英会話教材になります。

今まで私が受けたレッスンの進行はこんな感じでした。

レッスンの開始

レッスンの開始3分前からレッスンルームに入ります。

レッスン開始時間になったら講師が入室します(開始直後ではなく数秒待ちます)。

レッスンが開始をしたらお互い挨拶をします。

講師から声が聞こえるか?動画は見えているか?などの質問があります。

初対面の講師だと自己紹介するか聞いてくる人、聞いてこないで自己紹介を進める人と分かれます。

生徒の中には自己紹介よりもレッスンをしたいという人もいるからだと思われます。

だいたい、自己紹介と少しの雑談したところで5分ほど経過します。

教材を使ったレッスン

日常英会話を使ったレッスンでは大体以下の流れで進みます。

Goal

レッスンを受けた後になにができるようになっているかが書かれています。

大体、講師から今日のゴールを読んでくださいと言われて読みます。

中には自分で読む講師もいます。

INTRODUCE

その日の教材に関する紹介文が書かれています。

ここもGoalと同じです。

PRESENT

その日の教材で使用する語彙、発音、文法とその例文が書かれています。

語彙、発音は講師が読んだ後に生徒が読みます。

文法は講師が英語で説明をした後に例文を生徒が読みます。

UNDERSTAND

2名以上の登場人物による会話が書かれています。

その日の教材のテーマに関するトリビアが書かれていて初耳のことがあったりします。

講師と生徒で登場人物に分かれて会話をします。

その後、会話に関する質問を講師からしてきます。

PRACTICE

先に勉強した内容を使った問題が出題されます。

文章が正解になるように読み上げたり、問題に対する答えを回答します。

CHALLENGE

先に勉強した内容を使って会話をします。

この章は文章が教材には書いておらず、教材のテーマに沿った内容を講師と話します。

FEEDBACK

レッスン後に講師からフィードバックを受けます。

4段階評価で4が最高、1が最低です。

レアジョブのレッスンを15回受けて感じたこと

講師に関して

私の英語レベルが低いからかもしれませんが、はずれたという講師はいませんでした。

講師によって多少差異はありましたが、ほぼ全員同じ進め方です。

レッスン環境に関して

15回受講して1回だけ雑音がすごいときがありました。

声は聞こえたので継続したのですが、雑音の原因がベトナム側なのかフィリピン側なのかはわかりませんでした。

レッスンの効果

会社で英語で話しかけられる時がありますが聞き取れなかったり答えが出せなかったりします。

レッスンは事前にテーマについて予習をするので講師の言葉もおおよそ理解できるのですが、仕事で話しかけられたときはそれがないので理解できないことが多いです。

また、知らない単語、語彙が出てくると意味がぜんぜんわかりません。

じゃあ、レッスンの効果はまったくないのかと言えばそうではなくて、英語への抵抗は下がっていっていると感じています。

なので、今後も継続してレッスンを受けて行こうと考えております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA