Garmin vivoactive3で「光学式心拍計はオフです」と表示されたときの対処方法

GARMIN_VIVOACTIVE3



Garmin vivoactive3で「光学式心拍計はオフです」と表示されたときの対処方法

スマートウォッチのGarmin vivoactive3を購入して約1年が経ちました。

ある日、心拍数を表示する画面に以下のようなメッセージが表示されました。
「光学式心拍計はオフです」

特に設定を変えていないのにメッセージが出たので故障したのかと思いました。

腕につけずポケットに入れていたりするといつの間にか設定が変わっていることがあります。

ウォッチのフェイスが違うものに代わっていたことが何度かありました。

原因

原因はメッセージの通り、光学式心拍計がオンからオフに変わっているためです。

設定をオフからオンに戻せば直ります。

メッセージを見れば見たままなのですが、自分で設定を変えていないので故障かと勘違いしてました。

対処方法

以下の手順で光学式心拍計をオンにします。

ウォッチのフェイスを指で長押しする。
「設定」を選択する。
「センサー」を選択する。
「心拍 光学式心拍計」を選択する。
「光学式心拍計」の隣にあるボタンを選択してオフからオンに切り替える。

オンになっていれば心拍数の画面から「光学式心拍計はオフです」のメッセージが消えます。

言語を英語にしている場合のメッセージと手順

私は元々言語を英語にしていたので以下のメッセージが表示されておりました。
「Wrist heart rate monitor is disabled.」

対処方法

英語の場合の手順を残しておきます。

ウォッチのフェイスを指で長押しする。
「Settings」を選択する。
「Sensors & Accessories」を選択する。
「Heart Rate Wrist HR」を選択する。
「Wrist HR」の隣にあるボタンを選択してオフからオンに切り替える。

オンになっていれば心拍数の画面から「Wrist heart rate monitor is disabled.」のメッセージが消えます。

GARMIN_VIVOACTIVE3

スマートウォッチGarmin vivoactive3を購入した



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA